*Always be with you♪*

fkaterina.exblog.jp
ブログトップ

久々に投げ込まれた「バトン」

馬耳東風な女医ブログのshriashさんから、是非にと投げ込まれたバトンを、受け取ることに致しました^^;

『昔もらったラブレター』というお題ですが。。。
基本的にラブレターはもらうほうでなく、一方的に書いて渡す方でしたね。一番書いたのは高校時代。憧れの先輩に、時々・・・返事はもらえませんでしたがね(><)

ラブレターではないけれど、高校時代の先輩と文通のような事をした記憶がよみがえってきました~♪
返事のもらえなかった憧れの先輩を近藤さん(仮名)・文通をした先輩を金村さん(仮名)とします。

2年生の冬、この2人の先輩にチョコレートをあげようと、準備して朝バス停で待つこと20分。おなじバスに乗って通学していた金村さんは現れず、遅刻(。 -`ω´-)ンー
就業後自転車置き場で、近藤さんには手渡ししました。
その後、卒業式に金村さんにも無事渡すことが出来て、ついでに近藤さんのとこを相談したんです。
そうしたら、自宅に白封筒のお手紙が。(昔は全学年の名簿が普通にもらえた時代です)
金村さんは、近藤さんと同じクラスでしたので、好きな本・音楽など色んなな情報を書いて送ってくれました。それが段々自分達の情報交換になり、4~5通やり取りしたと思います。
いつも白い封筒(裏が紫の薄紙)で、差出名はニックネーム。
万年筆書きのそのお手紙は、今も実家の押入れにある缶の中に大事にしまってあります。







そんなやり取りから28年も経った昨年秋。一通のメールが舞い込みました。それもお料理教室のメールフォームから。見慣れた氏名で・・・???!

その文通していた先輩が、偶然私のHPの日記を見て(実は実名で書いてしまってました)メールを下さいました。懐かしい話しを読んで、思わずとありました。
男の子3人の親父で、この春から2回目のLA勤務です。家族全員で行かれたんですよ。

こんな懐かしい再会も、ネット社会ならではと感謝です。
怖いこと・嫌なこともたくさんあるネットだけど、私はこの世界に足を踏み入れたことを自信もって嬉しい!ッて言うことが出来ます。

子ども達も、メールじゃなくて自分の文字で思いをつづる、そんな経験もしてほしいなって思います。

                   バトンになったかしら?
                                     誰か拾ってくれますか???
[PR]
by fkaterina | 2008-05-22 09:12 | ひとり言とか