*Always be with you♪*

fkaterina.exblog.jp
ブログトップ

子ども達のあれこれと、過去のワタシ

今朝は東京で雪が『舞ってて』大騒ぎでしたね。降ってるって言うよりも、舞ってるだよね。
まぁ太平洋側に生まれ育ったワタシも、ここに住むまでは大騒ぎだったなぁ~^^b

こちらは相変わらず穏やかな冬の朝です。

来週の火曜日、息子の私立高校の入学試験があります。思い出すのは、中学3年の今頃のワタシ。
冬休みあけに、学校に行かれなくなりました。何でだろう?すごく緊張して、トイレが近くなって・・・何度も席を立つので、男子にくすくす笑われて・・・段々教室に入れなくなり、保健室へ。保健室も結構満員で、学校に行きたくなくなり。。。でも行かなきゃッて気持ちはすごくあって、毎朝母が送ってくれたんだけど、近くまで行くともうだめで。
以前はその記憶にしっかり蓋をして、全然忘れてたんだけど最近、息子の様子を見てて思い出しました。

彼も、最近普通じゃないです。苛立ちや焦り・恐怖感を払拭するように、友人と遊び・買い物・コンビニでの立ち読み・・・塾もこんなに寒いのに(雪も雨も降らないので)自転車で出かけ、11時過ぎの帰宅。中学生のうろうろする時間じゃないっていくら言っても、返事もしません。
月曜日は何とか送迎したけど、昨日は断固拒否。
ワタシも昨日は体調悪かったので、自転車で行かせてしまった・・・

形が違えど、彼もいろんなものと戦ってる。きっと不安で怖くて、いても経ってもいられないのだと、ちょっと理解できました。でもみんな同じなんだよ、父も母も高校受験ではすごく怖くいたい思いをしました。だから少しでも、あなたがそんな思いをしないようにって、思いすぎるのかもしれません。
怖さ焦りから逃れるのは、もっともっと勉強するしかない。でもそれはもっと大人になって分かること。今はきっと真っ暗なトンネルの中。一筋の光は、きっと見えてくるから

ワタシは結局、ランクを落として受験した私立高校に合格。その後、少しずつ学校に行かれるようになり、県立高校(普通科ではないが)も合格できました。
母は気丈だったけど、きっとワタシのことで悩んで泣いていたんだと思います。ありがとう。
ワタシも今、やっとあの頃の不登校を乗り越えることが出来そうです♪

娘は未だ、反抗期真っ盛り。行ったり来たりのご機嫌で、一言にイラつき一言に笑う。息子の頃と形は違えど、やってることは同じだよ。
リビングのドアや子ども部屋・トイレのドアを「ばたんっ!」って閉めるのはやめなさい。
冷蔵庫のドアを『ばたんっ』って閉めるのはやめなさい。
イラつくのはあなたの意思じゃないって分かってる。ホルモンの仕業だよね。目が釣りあがってるけど、笑うときは本当にかわいい赤ちゃんの頃と同じ笑顔。
もっともっと笑顔が増えますように、あまり急がなくてもいいけど早く大人になりなさい。
母はあなたの成長を、笑顔で待つ自信はないから、時々叱るよ!覚悟しろ。
1月22日火曜日の夕食
c0157378_9172314.jpg

何故か午後から急な体調不良。体が重く、動きません。何とか買い物に行き(挙句にメモ忘れて・・・)、何とか作ったのがコレ。彩り悪~~~い(* ´д`)
ロールポーク・千切りジャガイモのソテー・レバーの甘辛煮・白菜漬け・豆腐の味噌汁

結局午後9時半に就寝。息子がいつ帰って来たか、娘が何時に寝たか知りません。知らないほうがいいかもね  (´I `。(-ェ-。(´I `。(-ェ-。)ウンウン
[PR]
by fkaterina | 2008-01-23 09:07 | ひとり言とか